肌荒れと紫外線対策の関係について

肌荒れの原因にもいろいろありますが、紫外線の浴び過ぎるも実は肌への影響を与えます。肌の老化の約90%は紫外線から来ていると言われているほど、関係があるのです。一年中紫外線は降り注いでいますので、夏場の日差しが暑い時だけではなくて、きちんとその季節にあった紫外線対策を行うようにしていきましょう。

紫外線対策の方法としては、まず紫外線そのものを避けることです。日焼け止めを塗ったり、日傘やカバーなどを付けたりしていく事で、紫外線の量をカットしていきます。室内にいると関係ないと思うかもしれませんが、窓の近くにいたりする時には日光が差せば紫外線もガラスを通り抜けて一緒に入ってくることになります。

気をつけないといけないのは、紫外線対策をしていてもこれまで肌に浴びてきた分は蓄積されているのです。それも影響して肌荒れを起こしていしまいますので、スキンケアをしていくときにも注意しましょう。ゆっくりと少しずつ、肌への刺激が少ないものを選んで日々のケアも優しく行うことがポイントです。

メイクをすることで日焼け止め効果などもあるのですが、それも紫外線対策として完璧なわけではありません。一日が終わればしっかりとメイクはきちんと落としてから睡眠を取るようにしましょう。日中の光で傷ついた肌を修復していくには、睡眠をたっぷり取る事も大切です。寝る時間帯が遅くなってしまうと、その分肌荒れもなかなか治らないままです。

紫外線は全ての肌トラブルに関係すると考えて、なるべく少しでも肌に受ける量を減らしていくようにしてみて下さい。若いから大丈夫と思っていても、蓄積された紫外線で年を経て肌に出てくることもあります。日々の対策をしっかりして綺麗な肌を長く保ちましょう。