夏のスキンケアは洗顔方法の見直しから

これまでは暑い夏に汗をかいたらこまめにシャワーを浴びて、洗顔も行っていくというのが主流でした。けれども今は夏でも乾燥肌に悩む人が少なくありません。これもスキンケアを見直していくことで改善されていきますから、まずは基本の洗顔方法を考えてみるようにしましょう。

皮脂や汗が出やすいのは季節柄仕方のないことでもあります。だからと言って、とにかく顔を洗っているばかりでは必要な肌の潤いなども奪っていってしまいます。まずは洗顔方法としては、洗い過ぎないことが挙げられます。何度も洗ってしまうと、皮脂が洗い流されてしまって、減った分を補給しなくてはいけないと肌が余計に皮脂を分泌します。余計に皮脂が出てしまってべたべたした気分になってしまいます。

スキンケアも季節によって変えていくと、自分の肌にも優しいのでおすすめです。夏はなるべくさっぱり感を維持したいですが、洗顔方法としては朝と夜の二回が基本になります。もしも炎天下の中で汗をかきすぎたという時にはその時に洗顔をするといいでしょう。ただしあくまで汗を流すのが目的なので、石鹸でごしごしと洗う必要はありません。

洗った後はすすぎ方にも注意してみましょう。優しくぬるま湯や水で顔にぱしゃぱしゃと軽くすすぐようにしましょう。肌に刺激を与えないように行うのが大切です。そしてすすぎも終えたら、肌を触りたくなる人もいるかもしれませんが、そこはぐっと我慢をして下さい。軽く押すようにしながらタオルで水分を取っていきましょう。その後に保湿などのスキンケアを行っていきます。清潔な肌にたっぷりの保湿や美白成分を浸透させていく事で、夏でも綺麗な肌を保って過ごしていく事が出来るのです。