夏と肌荒れの関係性

夏の肌荒れは、汗の対策をしないとベタつきやニキビ、荒れ、乾燥などがおきてしまうので、汗対策がとても重要です。

汗をかいてそのままにしてしまうと、肌が水分を吸収してふやけてしまい、ふやけたら、傷つきやすくなるため、ちょっとしたダメージでトラブルで皮膚が傷ついてトラブルの原因となり、ひどくなると、炎症をおこしてしまうこともあります。

また、汗が蒸発する際に、潤いも一緒に奪われてしまい、乾燥してしまいます。
乾燥すると皮脂の分泌が過剰になって、ベタつきやすくなってしまい、ニキビや吹き出物やあせもなどができやすい状態になってしまいます。
また、潤いがなくなることで、ザラつきや毛穴の黒ずみや開き、皮脂の過剰分泌などさらなるトラブルを引き起こしてしまう原因となってしまいます。

また、化粧品の保湿成分と汗がくっついてしまうと、メイクの油脂と汗がまじり、メイクが崩れやすくなって、UVケアなどをした場合などは効果があまり出なかったりしてしまいます。

まずは汗をこまめに拭くことと、副菜には、肌を傷つけないようにこすったり、強く抑えたりせずに、やさしくそっと吸い取るようにすることが大切です。
また、汗をかいたときには油分のあるクリームなどを使い、ガードすることも大切です。

また、敏感肌になってしまう原因として、脂質のセラミドが減ってしまい、刺激に弱くなってしまうということもあげられます。
刺激に弱くなることで、吹き出物や赤みが出たり、化粧品などが染みるといった症状もあり、皮脂が変質してしまうため、それも刺激となってしまう場合があります。

セラミドを増やすことで、刺激に強くしたり、外部からの刺激や細菌の侵入を防ぐことができます。
増やすためには、新陳代謝を活発にするために、亜鉛や、α-リノレン酸,葉酸やビタミンB12などが必要です。
また、セラミドの合成には、ビタミンB2、B6、ナイアシンなどが必要です。
さらにセラミドを失わないためにぬるま湯で手のひらで優しく撫でるように洗うことが重要です。

紫外線には、肌に蓄積的なダメージを与えて、ハリや弾力を失わせて老化を引き起こす原因となってしまい、メラニン色素を酸化させることでシミなどの原因となってしまいます。

紫外線を浴びることで、ダメージを受けた場合には、正しいケアをして、ダメージを蓄積させないことが重要になります。
日ごろからの紫外線対策がとても大切です。
夏にはさまざまなダメージを受けることが多くなるので、特に夏は気をつける必要があります。